通販物流比較情報局

オムニチャンネルへの対応

これからの通販物流会社は「オムニチャンネル戦略」を理解し取り入れて行く必要があります。今後、どのようなニーズが求められるのかと、その理由をお伝えします。

 

omni

 

 

購買意欲につながるサービス

簡単にお店の情報が手に入り、しかも見ていて楽しさを感じたり行ってみようと思ったり、購買意欲につながるサービスが求められるます。客のニーズは多様化しており、これからは他の店とは違うと感じる魅力が必要だと感じるからです。

 

 

リアルの店舗と提携

リアルの店舗と提携して、より消費者に便利な流通体制を作ることが求められます。なぜなら、移動が不自由な高齢者が今後どんどん増加していくことが予想され、これらの高齢者によりリアルの店舗が身近に感じられるような流通側の工夫が必要だと考えるからです。

 

 

よりニッチな商品のラインナップ

オムニチャンネル戦略には今後「いつでも・どこでも」に加えてよりニッチな商品のラインナップが求められていくと考えます。これは消費者にとってどのサイトでも大差ない物であれば価格競争や配送時間が要になりますが、ニッチな商品を取り扱うことによってサイトの独自性を担保出来ます。

 

 

高齢化社会に対するサービス

今後は増々高齢化社会に対するサービスが求められます。どんなに便利なサービスを提供したとしても、それを使う側がうまく取り入れることが出来なければ何の意味もありません。高齢者の方が便利に気兼ねなく利用できるようなサービスを作ることが大切です。

 

商品の数を増やす、機械に弱い人でも利用できるようなサービスにすることが大事です。理由は、これからの時代はもっと少子高齢化が進んでいくと思うのでお年寄りの方にも使いやすいものにするのが一番いいと思うからです。

 

 

消費者によりオトクなサービス

1つのグループの中で総合的に行われているさまざまなサービスについて、複数とサービスを利用するとより利用者が得になるようなオトクなサービスが求められていると思います。例えば、楽天グループのような複数のサービスがあり、自分が利用しているものに対して相互活用できるポイントサービスなどが魅力に映るからです。